スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は「侵略国家」でもいい

日本は、欧米と比較して侵略国家ではなかったと必死に弁解している人間ばかりだが、
侵略の定義はよくわからないが、侵略現行犯であるシナ朝鮮にたいして弁解しても、
あまり意味がないのではないでしょうか。
泥棒に対して、自分は泥棒じゃなかったと弁解しても「はいそうですか」でおわりでしょう。

酒井信彦「田母神論文の間違いについて解説」日本は侵略国家でもいい!
http://www.youtube.com/watch?v=jpJvz3yf-0c
スポンサーサイト

すでに北朝鮮化している日本

夕刊紙が公然と選挙違反のような記事を書いても、
大物議員が選挙違反のようなことをやっても、
なんのお咎めなし、
まさに日本は、将軍様マンセーの北朝鮮と同じなのだ、
もっとも北朝鮮は朝鮮民族のためのすばらしい国だが、
「日本は日本人だけのものではない」などという権力者の国だから北朝鮮以下である、
日本は、中共の植民地であるチベットやウイグルのような状態なのである。

戦わない保守

普段は徴兵制が必要だのどうの言っているが、
目の前の敵とはほとんど戦わないで、味方の足をひたすらひっぱる人間がやたら多い、
「あのやりかたは卑怯だのどうの・・・」
このような人間の相手にするのは時間のムダだろう、
シナ朝鮮やサヨクでは、このような足手まといは無視されるし存在そのものが許されないだろう。

脱武士道

サムライでもないのに武士道がどうのいう人間がやたら多い、
何をいいたいかと言えば、このやり方は卑怯だの日本人らしくないだのどうの・・・
まさに9条の会の反日サヨクと同じように手足を縛って日本人を弱体化しているのである。

たちあがれ日本1議席獲得

保守が一番応援していたと思われる、たちあがれ日本が1議席獲得、
いかに保守に力がないか証明されました、
この弱い現実を受けとめるのがまず肝心でしょう。

真実より声の大きさ

いくら真実や事実といったところで、敵側の真実は真逆なわけで議論はそもそもかみ合わない、
勝負を決めるは、声の大きさなのだ、
真実の価値を高める努力ばかりしていても声の大きさには勝てない、
声の大きさを高める努力をするべきなのである。

民主独裁政権

マスコミが「もういちど民主に投票」と書いてもたいした問題にはならない、
これが「もういちど自民」だったら大問題になって、
なんとか新聞は廃刊まで追い込まれるだろう、
まさに既に日本は民主独裁政権なのである。

日刊ゲンダイ「民主に投票呼びかけ」  公選法違反といえないがネットで波紋
http://www.j-cast.com/2010/07/01070134.html
リンク
プロフィール
もはや、情報戦争の主戦場は、テレビ・新聞からネットへ、 すべての庶民は、ネットでの情報戦争へ参戦しなければならない!

かじや

Author:かじや

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。